FC2ブログ
2008年11月22日
久保田一竹美術館

横浜家ラーメン 澤田家


父の友人の息子さんがラーメン屋さんを開店したというので、行ってきました。
お店は、国道467号の小田急大和駅と桜が丘駅の間にある『横浜家ラーメン 澤田家』。
私が行った時は、アレンジをしないでいただいたのですが、とんこつ味で、少ししょっぱかったけど、おいしかったですo(^-^ )o
でも、アヒル村長さんが言うには、『油少なめ』にすると、さらにおいしいよって。
今度、伺う時は、『油少なめ』にしてみようっと。



今日は、昨日の続きですo(^-^ )o

日帰りのお出かけだったので、今度こそ、記事を短くしようと思ったのですが、3日間に分けての記事になりそうです。

いつも、ダラダラ長い私の記事につきあってくださって、本当にありがとうございますm(_ _)m



さて、昨日の『御坂峠 天下茶屋』の後は、河口湖に戻って、ずっと行きたかったところへ。

それは、『久保田一竹美術館』。

河口湖まで下りてくると、紅葉も見ごろ。

もみじ

この綺麗な紅葉にうっとり。

実は、私たちの目的は、『夜の紅葉のライトアップ』。

これだけ綺麗だと夜も期待しちゃいます♪


久保田一竹美術館

いよいよ、夢にまで見た『久保田一竹美術館』です♪

久保田一竹美術館 入口

重厚な門にびっくり。

細工が細かくて、木の配置なんかも趣があっていいじゃないですか♪

だって、だって。



久保田一竹美術館 入口

門をくぐって振り返ると、いいところにもみじがあるじゃないですか。

これは、最高ですよねo(≧∇≦o)

久保田一竹さんが細部にこだわったっていうのが、私にだってわかっちゃいます♪


美術館まで続くお庭を歩いて行くと、見えてきました。

久保田一竹美術館 新館

ここまで来ると、もうワクワクです。

って思ったんですけど、ここは、とんぼ玉の展示がされているところでした。

とんぼ玉は最近のものではなくて、古代の物。

しかも、さまざまな国の物で、歴史的に価値のあるもののようでした。

発掘されたところによって、使われた石が違って、ロマンがあふれていました♪



久保田一竹美術館 本館

今度こそ、久保田一竹さんの作品、『一竹辻が花』に会えちゃうんです。きゃぁ~o(≧∇≦o)



~私が一竹辻が花を見たかった理由~

結婚が決まった頃。

いろいろと辛いこともあり、後ろ向きな事情もあって、訪問着を買うことにしたんです。

それならば、以前から想いをはせていた着物にしようと、買ったのが『辻が花』でしたo(^-^ )o

その着物は、とても美しくて、気に入ってますし、この着物で救われました。

それから、この辻が花を復活させてくださった久保田一竹さんの作品が見たいなぁ~って思ったんですよね。



さて、辻が花は、久保田一竹さんの熱意が復活させたことをご存知ですか?

久保田一竹は、20歳のとき、室町時代の『辻が花染め』のに出会って以来、その美に魅了されました。
しかしながら、時は戦争のという時代。久保田一竹に戦争へと行くことになるのです。そして、敗戦、ソ連への抑留を経験します。
無事復員したのは、1948年、31歳の時。復員した久保田一竹は、亡くした命だと思って『辻が花』の研究に人生を捧げようと決心するのです。
生活のための、従来手懸けていた手描友禅で生計をたて、40歳にしてやっと本格的に『辻が花』の研究に取り組み始めました。
しかしその後も、毎日が失敗の連続でした。赤貧の時代を経て、20年間の辛酸をなめ尽くした研究の末、60歳にして初めて納得のいく作品が完成したのです。
これを『一竹辻が花』と命名いたしました。


一竹辻が花は、着物というより芸術でした。

言葉では言い表せない素晴らしさ。

絞り方によって、華やかさを表現し、静寂を表現し、情熱を表現し。

この着物を作り出すのに、どれだけの苦労があったのかと思うのですが、着物はそんな苦労を絶対に見せない。

私は、いろいろな気持ちが交錯して、思わず涙してしまうほどでした。


さて、そんなしんみりしちゃった私が発見したものは。

久保田一竹美術館 一竹庵入口

なんか、この綺麗な灯り、良い雰囲気じゃないですか?

そんな灯りにつられて、ふらふらっと行った先は。

久保田一竹美術館 一竹庵

一竹庵』という茶房でした。

この日は、もう外が暗くなってしまったので、庭の景色は見られませんでしたが、昼間に来ると素敵な景色を見ながら、お抹茶がいただけます。


一竹辻が花を堪能した私、外に出てみると、そこは素敵な中庭でした。

久保田一竹美術館 中庭

ここで、作品の発表会などをするそうです。

一度でいいから、見てみたいですね♪


着物に興味のない方にも、一つの情熱の物語として訪れていただきたい美術館でした。

そして、久保田一竹さんに感謝しながら、『辻が花』の訪問着を着ていきたいと思います。

*美術館の情報*
久保田一竹美術館
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町河口2255
TEL:0555-76-8811
営業時間:12月~3月…10:00-17:00(入館16:30迄)
       4月~11月…9:30-17:30(入館17:00迄)
地図:


詳しい地図で見る

スポンサーサイト



ホームページも作っています。ウェディング・紅茶・旅行など掲載しています♪
よかったら、遊びに来てください\(^o^)/

【 2008/11/22 23:51 】

| 日帰り | コメント(16) | トラックバック(0) |


<<富士河口湖 紅葉まつり | ホーム | 御坂峠 天下茶屋>>
コメント
--- ---

おはよう御座います。
 河口湖の久保田一竹、辻が花の美術館へいかれたのですね。良かったですね。
 辻が花、テレビで見たことが有ります、素晴らしい着物の芸術ですね。
 辻が花の訪問着を持っていらっしゃるのですね、なんと素敵でしょう、、、、
 私は、富士山を見に河口湖に行きたいと思っているのですが、なかなか実現しません
羨ましい限りです。しかし、ゆず様が行かれて良かったです。
風味 * URL [編集] 【 2008/11/23 04:28 】
--- ---

おはよう^^
綺麗な「紅葉」ですね^^ ブログも頑張って居られるし~ 我が家も昨日は上と下を強制に働かせました~ 途中、旦那から次男に「何時遊びに来れる~」って電話が有ったらしいけど、本日は中日なんで「明日が本番やで~」と次男を脅す母(もちろん、日給制)ちゃんと払いますよ~ 子供にも~
長女は2時間弱でも。。。
色んな思いが有るから難しいね~
こちらが考えてても相手に伝わらないって事も多いから。。。
妹さん、面白そうな方ですね^^
姉妹でいや~村長さんも連れて「来て欲しい」なぁ~
ラーメン、今の時代にお店を開かれるって頑張られますね~ 厳しい時代ですから。。。
私はラーメン駄目なんで(胃痙攣)を起す人。
でも、ほうとうはメチャ美味しそうでした~
ゆずさんのを見て、今日の「煮物」を思い出した。。。
本日は中日なんで、金曜に別のお薬を出して貰いました~ 「薬漬け」だけど、やっぱ子供だけは、何とか大学迄、行かせたい。。。
亡き父が子供3人に「学資保険」を前納してくれたから~ 
世の中、上手く行かない事も多いけど、昨日は子供と一緒に働けた事、お子様にメチャ感謝です^^
ゆずさんには申し訳無いけど、私の分も「親孝行」して欲しい!と言っても一緒に遊びに行くぐらいだけどね^^
こちらは「自営」なんで、何処にも行けない。。。
人は色んな事を言ってくれますが、自分にしか分かんないんだから、辛いね~
又、ゆっくり拝見させて貰います!
朝からダラダラとすみません。。。
いにわ * URL [編集] 【 2008/11/23 08:47 】
--- ---

久保田一竹さんってお名前、初めて聞きました。
ごめんなさい、不勉強で。
HPを検索して見たんですが、苦労された方なんですね。シベリアに抑留されたり。
それにしても、きれいな建物ですね~。
すごくこだわって作った、ご自分の力を結集して作った美術館なんでしょうね。
よーし * URL [編集] 【 2008/11/24 00:11 】
--- ---

紅葉も見事で、良い時期に久保田一竹美術館に行かれましたね。
辻が花…着物の域を超えたまさに芸術品ですよね。素晴らしい芸術品の数々、堪能されて、心に栄養分が行き渡ったのではないでしょうか。
また素晴らしいお着物を持っておられます。一生の宝物ですね。
私は着物には縁のない生活で、むかーし、着付けなど習い、着ることもありましたが、今となっては自装はムリ、情けない始末です。
紅想い * URL [編集] 【 2008/11/24 00:18 】
--- こんばんは~ ---

去年までなら会社帰りに大和駅で途中下車して
ラーメン食べに行ってみようかなってとこですが。。。
この時期はやっぱりラーメンは魅力的です♪

寒くなってだいぶ葉っぱも色付いてきましたね。
鮮やかな色合いに目を奪われます!
あき * URL [編集] 【 2008/11/24 01:52 】
--- ---

辻が花には~
そのようなエピソードがあったとは・・・w(゚o゚*)w。

yuzukiは~とにかく母が
辻が花~辻が花と言って
高そうなお着物を購入していた印象しかなく、
何も知らなかったですぅ。。。

母は~着付けを長く習っていたので、
おそらく知っていたのだと思います。

着物の価値だけでなく~
そっちの話を教えてもらいたかったと思うyuzukiです(;^_^A。。。

本日も~いつも探究心のあるゆずさんの記事に
お勉強になりました♪
お写真も紅葉がなかなか素敵ですね(≧∇≦)b。
yuzuki * URL [編集] 【 2008/11/24 11:26 】
--- ---

ゆずさん、こんにちは^^

連休最終日ですね♪
楽しい時間をお過ごしかな^^*

お着物、大好きなんです!
実は・・
学生の頃、ある人のすすめで、ちょっとだけ着物モデルをしてた経験がありましてね。。
(恥ずかしいので大きな声では言えないのですが^^;)
私の母は、自分で着物を縫う人。
今でこそ作りませんが、若い頃はよく作っていて、実家には何着もの着物があるんです。
そのせいもあって、着物にはちょっとだけ興味があったのですが。。
学生時の経験で、更に好きになりました^^

久保田一竹美術館、なんと素敵なところでしょう!
日本女性なら、1度は行ってみたいところですね^^

↓お返事。
この連休を使って、紅葉探索行って来ましたよ~♪
ただね、鎌倉には行けなかったの><
結局、近場で済ませちゃいました^^;
でも、見事な紅葉はバッチリ拝んで来ましたよ~
鎌倉に行ってたら食べれたハズだった、おいしいモノにはありつけなかったけどね・・^^;
baru-love * URL [編集] 【 2008/11/24 13:25 】
--- ---

こんばんは

ラーメン話なんですが、こないだ例のN村屋の新店が会社の近くに出来んで、食べに行って来ました。

予想通り、魚介の香りがしましたが私にとってはマイルドな感じで美味しかったです。 
サラリーマンの昼なので、半ライスサービスが欲しかったです(笑)
よね * URL [編集] 【 2008/11/25 00:42 】
--- ---

わー、懐かしいです。私はたしか5~6年前に久保田一竹美術館に行ったのです。そのあとすぐ一代目が亡くなりました。夏だったのでわかりませんでしたが、こんなに紅葉が綺麗だとは知りませんでした。びっくりです。
とにかく美しい!のひとことですよね(^^)。綺麗なものを目にすることはとてもいいことなのだと思いますー。もう一度行ってみたくなりました。
ゆずさん、私の勝手な想像ですが着物が似合いそうですねー。私は着物が似合わないのです(^^;)
えりぷー * URL [編集] 【 2008/11/25 10:48 】
--- =☆= お返事 =☆= ---

★風美さん★〟

こんばんは。
お返事が遅くなって、すみませんm(_ _)m

久保田一竹美術館行ってきました。
ずっと行ってみたかったんですよねo(^-^ )o
久保田一竹さんの着物は、素晴らしいですよね。
着物でなく、芸術ですね♪
っていうか、久保田一竹さんの作品って着るものじゃないんですって。
当り前ですかね(笑)

私の辻が花は、久保田一竹さんのものからはかなりかけ離れたものですf(^_^;
でも、私がつらかった時に救ってくれた着物なので、私にとっては、同じだけの価値があります。
それに、今は、辻が花ってお手ごろ価格になってるので、私にも手が出せましたp(^o^)q

風美さんは、富士山を見に行きたいってずっとおっしゃっていましたもんね。
そう思うと、富士山が見れることに感謝しないといけないんですよね。
でも、いつか富士山が見れるといいですね。
ゆず * URL [編集] 【 2008/11/25 20:20 】
--- =☆= お返事 =☆= ---

★いにわさん★〟

こんばんは。
お返事が遅くなって、すみませんm(_ _)m

紅葉、どうにか綺麗に撮れました♪
昨日で終わった連休、お子様たちもきっとお母様孝行してくださったのでしょうね。
お子様たちにもきちんとお給料を出されるなんて、モチベーション上がりますよねp(^o^)q
素晴らしいですね♪

妹は、とっても面白いですよo(^-^ )o
顔からは想像もできないキャラをかもし出してますね。
しかも、天然なので、笑いが絶えません♪
でも、妹はいにわさんに会いに行けません(>_<)
お休みが極端に少ないんですよね。
美容院で働いてるので、いにわさんと同じ接客業で仕方がないことなんですけどね。
今まで旅行に誘っても、一泊くらいしかしたことがないんですよね。
でも、いにわさんにも会わせたいですね^m^

ラーメン屋さんは、お父様がご融資されたそうです。
我が家ではそんな融資してもらえないので、うらやましい限りですけどね。
ほうとうは、おいしかったですよ♪
確かに、煮物って感じですね。

学資保険を前納してくださったお父様、素晴らしいですね。
お孫様想いのお父様だったんですね。
これで、後はお子様が頑張るだけですねp(^o^)q
これが結構プレッシャーだったりして(笑)
でも、いにわさんのお子様は優秀なようなので大丈夫ですね。
ひとりで育てるのって、本当に大変だと思いますけど、頑張ってください。
私の母も妹が高校生の頃から就職するまで子育てを一人でしてましたけど、結構大変だったみたいです。
父親がそばにいてくれたら、楽だったのにってよく言ってます。
だから、いにわさんの大変さ、なんとなく分かるって母が行ってました。
あの時の母と今のいにわさんって結構似てるところがあるんですよね。
頑張ってくださいねp(^o^)q
ゆず * URL [編集] 【 2008/11/25 20:55 】
--- =☆= お返事 =☆= ---

★よーしさん★〟

こんばんは。
お返事が遅くなって、すみませんm(_ _)m

久保田一竹さんって、私も知人に偶然にも教えてもらわなければ知りませんでした。
着物の世界の功労者って、多くの方が知っているということではないですよね。
特に、着物を普段着なくなった現代では耳にすることも少ない人物です。
不勉強じゃないですよ。
変な書き方をしてしまったかしらf(^_^;
すみませんm(_ _)m

よーしさんのおっしゃるように、苦労された方なんですよね。
たぶん、シベリアに抑留された方の中では恵まれた方だったのでしょうけど、戦争を知らない私たちからすると、本当にご苦労されたんだなぁ~と思います。

建物、本当に素敵ですよね♪
こだわりすぎて、金銭的に厳しくて何度も建築が中止になったそうですよ。
それだけ、細部にこだわったということですよね。
だから、そんなこだわりが伝わってくる美術館でしたよo(^-^ )o


★紅想いさん★〟

こんばんは。
お返事が遅くなって、すみませんm(_ _)m

本当に、いい時期に行けたと思って嬉しかったです♪
一竹辻が花は、素晴らしい芸術品ですね。
ひとりの方が人生を捧げた作品なだけに、感動でした。
命がこもった作品って、言葉に表せないものですね。

今は、辻が花もリーズナブルなものが多く出回っています。
だから、私の物は一生ものと言えるかはわからないですが、私にとっては私を救ってくれた宝物ですね。

私は、着付けなんて習ったことがないので、紅想いさんは尊敬です。
着付けって、普段からしていないと忘れちゃいますよね。
私は、結婚式に出席する時に着るくらいなので、出番も少ないです(>_<)
今度、友人の結婚式に着ていく予定なので、少し楽しみなんですけどね。
ゆず * URL [編集] 【 2008/11/26 00:51 】
--- =☆= お返事 =☆= ---

★あきさん★〟

こんばんは。
お返事が遅くなって、すみませんm(_ _)m

大和、通勤で通ってたんですねo(^-^ )o
もしかしたら、すれ違っていたかもしれないんだぁ~♪
この時期、ラーメンはたまらないですよね。

関西も色づいてきましたか?
こちらは、もうピークを過ぎたかもしれません。
でも、紅葉って色鮮やかで本当に素敵ですよね。
寒さにも負けず、散歩してみようかなって気になりますね。


★yuzukiさん★〟

こんばんは。
お返事が遅くなって、すみませんm(_ _)m

辻が花には、こんなエピソードがあったんですよ。
私も美術館に伺って、知ったことがほとんどなんですけどね。

yuzukiさんのお母様も辻が花のお着物をお持ちなんですね。
私のつたない記事がお母様のお着物への興味につながってよかったです。
お母様に辻が花のお着物を着つけてもらって、お出かけでもされたらどうでしょうか。
素敵な時間が過ごせると思いますよ。
汚したらどうしようって、ドキドキ感は付いて回りますけど、普段より女性らしく過ごせますしね。

紅葉の写真、褒めてもらえて嬉しいです♪
ゆず * URL [編集] 【 2008/11/26 01:19 】
--- =☆= お返事 =☆= ---

baru-loveさん、よねさん、えりぷーさん。

お返事が遅くなってしまっていて、すみませんm(_ _)m
明日、お返事を書くので、もうしばらくお待ちください。
ゆず * URL [編集] 【 2008/11/26 02:07 】
--- =☆= お返事 =☆= ---

★baru-loveさん★〟

こんにちは。
お返事が遅くなって、すみませんm(_ _)m

baru-loveさん、着物モデルやっていらっしゃったんですか?
きゃぁ~、素敵過ぎるo(≧∇≦o)
それは大きい声で言っちゃってください。
お母様も素晴らしいですね。
和裁をされてたなんて。
っていうことは、着付けなんかも出来ちゃうのかしら。
私には、すべてがうらやましいって感じですよ♪
本当に、着物モデルって素敵なご経験でしたね。

久保田一竹美術館、確かに一度は行ってみたいところですよね。


紅葉の時期ってどこも混んでるから、近場で見るのが一番楽しめますよね。
確かに、鎌倉とかに行けば、おいしい物も付いてきたかもしれないですけど、メインは紅葉ですからo(^-^ )o


★よねさん★〟

こんにちは。
お返事が遅くなって、すみませんm(_ _)m

N村屋さん、会社のお近くにできたんですか?
っていうか、東京進出しちゃってたんですね。

よねさんは、大丈夫だったんですね、魚介の香り。
だったら、おいしく堪能できたんでしょうね。
友人にもN村屋好きっていう人いました。
だから、やっぱり好みの問題なんですね。
うちの近所のN村屋は、区画整理で閉店したので、閉店前に行きたかったですよ。

確かに、N村屋ってサラリーマンの方にはちょっとボリュームが少ないかもしれないですね。
半ライス必要かも。
海老名にあったN村屋essenceは、定食っぽく、ライスと小鉢が付いてましたけどね。
やっぱり、お店それぞれの特徴とかを出してるみたいですね。
ゆず * URL [編集] 【 2008/11/26 16:19 】
--- =☆= お返事 =☆= ---

★えりぷーさん★〟

こんにちは。
お返事が遅くなって、すみませんm(_ _)m

えりぷーさんも行かれたんですね。
一代目が生きていらしたときに行かれたんですか。
お会いできるわけじゃないですけど、よかったですね。
私は、故人を偲びながら見ることしかできなかったので、うらやましいな。
確かに、美しいの一言に尽きますよね。
やはり、美しい物を目にすると心も豊かになりますね。
ぜひぜひ、いつかもう一度行かれてみてください♪
その時は、紅葉の時期にでも(^_-)-☆

ちなみに、私は古典的な柄は似合うかもしれません。
違う時代に生まれていたら美人だったはずの顔なので(笑)
えりぷーさんは、きっと時代に合った美人さんなんですね。
着物も現代的な物もあるので、そんな着物なら似合いますよo(^-^ )o
ゆず * URL [編集] 【 2008/11/26 16:28 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yuzuccha2004.blog59.fc2.com/tb.php/31-6cbffee5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |