FC2ブログ
--年--月--日
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホームページも作っています。ウェディング・紅茶・旅行など掲載しています♪
よかったら、遊びに来てください\(^o^)/

【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |


2008年11月22日
久保田一竹美術館

横浜家ラーメン 澤田家


父の友人の息子さんがラーメン屋さんを開店したというので、行ってきました。
お店は、国道467号の小田急大和駅と桜が丘駅の間にある『横浜家ラーメン 澤田家』。
私が行った時は、アレンジをしないでいただいたのですが、とんこつ味で、少ししょっぱかったけど、おいしかったですo(^-^ )o
でも、アヒル村長さんが言うには、『油少なめ』にすると、さらにおいしいよって。
今度、伺う時は、『油少なめ』にしてみようっと。



今日は、昨日の続きですo(^-^ )o

日帰りのお出かけだったので、今度こそ、記事を短くしようと思ったのですが、3日間に分けての記事になりそうです。

いつも、ダラダラ長い私の記事につきあってくださって、本当にありがとうございますm(_ _)m



さて、昨日の『御坂峠 天下茶屋』の後は、河口湖に戻って、ずっと行きたかったところへ。

それは、『久保田一竹美術館』。

河口湖まで下りてくると、紅葉も見ごろ。

もみじ

この綺麗な紅葉にうっとり。

実は、私たちの目的は、『夜の紅葉のライトアップ』。

これだけ綺麗だと夜も期待しちゃいます♪


久保田一竹美術館

いよいよ、夢にまで見た『久保田一竹美術館』です♪

久保田一竹美術館 入口

重厚な門にびっくり。

細工が細かくて、木の配置なんかも趣があっていいじゃないですか♪

だって、だって。



久保田一竹美術館 入口

門をくぐって振り返ると、いいところにもみじがあるじゃないですか。

これは、最高ですよねo(≧∇≦o)

久保田一竹さんが細部にこだわったっていうのが、私にだってわかっちゃいます♪


美術館まで続くお庭を歩いて行くと、見えてきました。

久保田一竹美術館 新館

ここまで来ると、もうワクワクです。

って思ったんですけど、ここは、とんぼ玉の展示がされているところでした。

とんぼ玉は最近のものではなくて、古代の物。

しかも、さまざまな国の物で、歴史的に価値のあるもののようでした。

発掘されたところによって、使われた石が違って、ロマンがあふれていました♪



久保田一竹美術館 本館

今度こそ、久保田一竹さんの作品、『一竹辻が花』に会えちゃうんです。きゃぁ~o(≧∇≦o)



~私が一竹辻が花を見たかった理由~

結婚が決まった頃。

いろいろと辛いこともあり、後ろ向きな事情もあって、訪問着を買うことにしたんです。

それならば、以前から想いをはせていた着物にしようと、買ったのが『辻が花』でしたo(^-^ )o

その着物は、とても美しくて、気に入ってますし、この着物で救われました。

それから、この辻が花を復活させてくださった久保田一竹さんの作品が見たいなぁ~って思ったんですよね。



さて、辻が花は、久保田一竹さんの熱意が復活させたことをご存知ですか?

久保田一竹は、20歳のとき、室町時代の『辻が花染め』のに出会って以来、その美に魅了されました。
しかしながら、時は戦争のという時代。久保田一竹に戦争へと行くことになるのです。そして、敗戦、ソ連への抑留を経験します。
無事復員したのは、1948年、31歳の時。復員した久保田一竹は、亡くした命だと思って『辻が花』の研究に人生を捧げようと決心するのです。
生活のための、従来手懸けていた手描友禅で生計をたて、40歳にしてやっと本格的に『辻が花』の研究に取り組み始めました。
しかしその後も、毎日が失敗の連続でした。赤貧の時代を経て、20年間の辛酸をなめ尽くした研究の末、60歳にして初めて納得のいく作品が完成したのです。
これを『一竹辻が花』と命名いたしました。


一竹辻が花は、着物というより芸術でした。

言葉では言い表せない素晴らしさ。

絞り方によって、華やかさを表現し、静寂を表現し、情熱を表現し。

この着物を作り出すのに、どれだけの苦労があったのかと思うのですが、着物はそんな苦労を絶対に見せない。

私は、いろいろな気持ちが交錯して、思わず涙してしまうほどでした。


さて、そんなしんみりしちゃった私が発見したものは。

久保田一竹美術館 一竹庵入口

なんか、この綺麗な灯り、良い雰囲気じゃないですか?

そんな灯りにつられて、ふらふらっと行った先は。

久保田一竹美術館 一竹庵

一竹庵』という茶房でした。

この日は、もう外が暗くなってしまったので、庭の景色は見られませんでしたが、昼間に来ると素敵な景色を見ながら、お抹茶がいただけます。


一竹辻が花を堪能した私、外に出てみると、そこは素敵な中庭でした。

久保田一竹美術館 中庭

ここで、作品の発表会などをするそうです。

一度でいいから、見てみたいですね♪


着物に興味のない方にも、一つの情熱の物語として訪れていただきたい美術館でした。

そして、久保田一竹さんに感謝しながら、『辻が花』の訪問着を着ていきたいと思います。

続きを読む
スポンサーサイト
ホームページも作っています。ウェディング・紅茶・旅行など掲載しています♪
よかったら、遊びに来てください\(^o^)/

【 2008/11/22 23:51 】

| 日帰り | コメント(16) | トラックバック(0) |


2008年11月04日
銭洗弁財天
私とアヒル村長は遅ればせながら、『ニンテンドーDS』にいそしんでます。
私はずっと、ゲーム機を買うことに反対だったのです。
が、アヒル村長が『TOEICの勉強のために』というので、1台だけ買うことに。
買ってやってみたところ、TOEICの勉強が進まない私・・・。
って、私、めちゃくちゃはまってましたf(^_^;

と、ある日、私は思ったのです。いきなり、TOEICではなく、英語漬けの方が私にはいいのではないかと!
で、英語漬けとなぜか、漢検買って。って、DSはアヒル村長が持っていっちゃってるじゃん!
ということで、ゲーム機購入反対の私、DSを買ってしまいました(>_<)


さて、最近、株価暴落。円高の影響により、事業縮小。

リストラなんて文字が躍っている今日この頃。

今年の冬を越せない企業も出てくるという話も。

今日はいよいよ、アメリカ大統領選です。

では、アメリカ大統領選の結果によって、どのように経済が動くのかを予測していきましょう!



って、私のブログ、そんな難しい内容でしたっけ?

違います!

いえいえ、書こうと思っていた記事の話題が違う方向に行ってしまったようです。


では、何を書きたかったのか。それは・・・。



銭洗弁財天』に行ったからです♪♪♪

こんな不穏な状況を打破するのです。なんてね。

銭洗弁財天に行くのは、前から決まっていたことでした。


では、出発です♪

江ノ電

もちろん、江ノ電に乗ってね。

江ノ電って、いいですよね。のんびりとしていて。

家と家の間のぬって、走っていたかと思うと、急に、海がパァ~っと広がって♪

海♪

江ノ電に乗っていると、鎌倉に着くまでにテンションが上がってきますo(≧∇≦o)

30分も揺られると、そこは古都鎌倉


さて、駅からは徒歩です。銭洗弁財天までは、20分

ちゃんとスニーカーを履いてきたので、準備は万端ですp(^o^)q

銭洗弁財天までの道のりは、いろいろな発見があって楽しいものでした。

古民家風のカフェ陶芸家の方のお店など、魅力的なところがいっぱい。

そして、もう少しというところで、落とし穴が・・・。

そこには、心臓破りの坂がありました(>_<)

今まで軽快だった足取りも嘘のように進まない。

やっぱり、拝んでお金を増やそうなんて、愚かな考えでした。

って、そんな長い坂じゃないんですけどねf(^_^;


登りきったところに、ありました。

銭洗弁財天

銭洗弁財天の入り口です。

銭洗弁財天

なんか、異世界への入り口のようです。

ドキドキしちゃいますねo(≧∇≦o)

トンネルを抜けると。

銭洗弁財天

綺麗に並んだ鳥居の合間から降り注ぐ光。

そこには、神様がいそうな感じ。

これは、嫌でも期待しちゃいます♪


いよいよ、お金を洗っちゃいます♪

銭洗弁財天

まず、本宮手前の社務所で、お線香ロウソクを買い、ざるを借ります。

そして、本宮の両側にある太いロウソクで小さいロウソクお線香に火を灯します。

ロウソクはそこに、お線香本宮手前のところに奉納?します。

本宮でしっかりお参りをして、本宮奥に見える洞窟内奥宮でいよいよお金を洗います。


銭洗弁財天ってお金を洗うとお金が増えるとしか知らない方。

ちょっとお勉強です!

鎌倉に幕府を開いた源頼朝が夢に見たお告げに従い、この地に泉を見つけ宇賀神様を祀ったことが始まりといわれています。
この泉から湧き出る銭洗井水でお金を洗うと何倍にも増えると伝わりますが、
本来は心身を洗い清めることで心構えができ信仰が深まるによって福を得ることができると言われています。
銭洗井水は鎌倉五名水の一つに数えられ、この名水自体がご神体です。

そうだったんですね、私も知らなかったです( ..)φメモメモ



さて、奥宮には、祠があり、そこでもしっかりお祈りをします。

そして、お札ざるに入れて、名水をしっかりかけます。

欲深い私。名水をたくさんかけてしまいました。

そして、最後に、ざるからお札を取り、ハンカチなどでしっかり水分を取り、持って帰ります♪



って、本当は、洗ったお金は早く使えば使うほど、良いと言われています。

ですが、説によると、2枚洗い、1枚は大事にお財布にしまい、もう1枚は早く使うといいらしいです。


今回は、大事にお財布の中に入れます。

なので、近いうちにまた行きたいと思います。

これで、お金が舞い込んでくるといいなぁ~なんて思っています。

まっ、祈っただけで舞い込んでくるわけじゃないので、努力もしますけどね。

ちなみに、伯母はお金が舞い込んできたらしいです。

これは、期待大です♪

続きを読む
ホームページも作っています。ウェディング・紅茶・旅行など掲載しています♪
よかったら、遊びに来てください\(^o^)/

【 2008/11/04 17:50 】

| 日帰り | コメント(18) | トラックバック(0) |


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。