FC2ブログ
--年--月--日
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホームページも作っています。ウェディング・紅茶・旅行など掲載しています♪
よかったら、遊びに来てください\(^o^)/

【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |


2009年04月07日
金沢旅行 【武家屋敷跡】
金沢旅行のこぼれ話。
ホテルのラウンジで、コーヒーを飲んでいたんですけど、コーヒーを運んできてくださったウエイトレスの方が、あまりに背が高くて、綺麗だったので、思わず注目しちゃったんです。
そして、アヒル村長さんがそのウエイトレスの名札に気がついて、とてもびっくり。
だって、『前田』さんだったんですよ。
加賀藩のご当主は前田家。もしかして、ご子孫?
前田家のご子孫(←もしかしたら)にコーヒーを運んでいただけるなんて、光栄ですm(u_u)m
でも、違偶然でしょうね。



間があいてしまいましたが、金沢旅行のお話です。

2日目の午後は、武家屋敷跡です。

金沢の武家屋敷跡って、すごいんですよ。

武家屋敷跡

武家屋敷街がしっかり残っているのって、すごくないですか?

しかも、この石畳の道も昔からなのかなって思わせる感じが素敵ですよね。

人の流れが止まると、静かな時間が流れていて、道の向こうから江戸時代の人が歩いてくるんじゃないかと思うほどでした。

ほとんどのお宅は、実際に住んでいらしたり、お店として利用されたりしていました。


ですが、野村家武家屋敷は、見学できました。

この野村家とは、加賀藩の末森城が佐々成政治に攻め込まれた際に、活躍した野村伝兵衛の家です。

活躍していた方の武家屋敷ってもっと大きいと思っていたのですが、想像とは違っていました。

お屋敷としては、大きいのですがね。

蔵もあるし、茶室もあるし。でも、もっともっと大きいのかと思っていました。

でも、お屋敷自体は立派でしたよ。

野村家 野村家
野村伝兵衛氏が使用した鎧 謁見の間
野村家 野村家
前田家当主の掛け軸 


武家屋敷には、謁見の間があるんですよ。

そして、謁見の間の脇は、今こそ仕切りがないですが、当時はふすまがあり、家来の方が潜んでいたそうです。

こういうお屋敷を見るのは初めてだったので、謁見の間があるのも、その部屋の横に潜んでいたスペースがあるもの、感動でした。

戦国時代も江戸時代も命懸けだったんですね。

そういうことが実感できたことがとても嬉しかったです。


武家屋敷を後にして、今度は同じ武士でも足軽資料館を訪問です。

足軽の方って、歴史の中であまり出てこない生活がどんなものだったのかわからなかったのですが、訪れて、驚きました。

足軽の方って、江戸時代になるとほとんど仕事がなくて、いろいろな副業をしていたようです。

訪れたところの方のご先祖は、飛脚をなさっていたんですって。

さて、そんな方のお宅とはどんなところかというと。

足軽資料館 足軽資料館

平屋の一戸建て、庭付きですよ。

加賀藩の足軽の方は、恵まれていたんだそうです。

他の藩では、足軽の方は長屋にしか住めなかったそうです。

さすがは、加賀百万石ですね。

そんな恵まれた環境の足軽の方の生活はというと。

足軽資料館 足軽資料館
長持 当時の食事の風景
足軽資料館 足軽資料館
座敷 台所

時代劇なんかで、こんな生活風景見たことある気がしませんか?

中には、内職部屋兼勉強部屋などもあり、当時の生活を感じられる部屋がありました。

そして、足軽といえども武士なので、子供への教育は武士としての教育だったようです。

平和になった江戸時代、武士としての仕事がなくなっても、武士としての誇りを忘れないなんてすばらしいですね。

転職が当たり前の現代では、理解しがたいかもしれませんね。


そして、注目すべきは、生活ぶりだけでなく、ここも。

足軽資料館

屋根、見えますか?

屋根には、規則的に石が乗せられているんです。

これは、瓦屋根が買えなかったので、瓦の代わりだそうです。


ちなみに、二件の足軽の方の家が展示されてたのですが、1件は、最近まで住まれていたんですって。

それには、驚きを隠せませんでした。

このような家を保存しつつ、生活していたのだと思うと、並大抵の苦労じゃなかっただろうなと思ってしまいました。

こういう歴史あるものを保存してくださっていたことに感謝します。


この日は、資料館がどこも閉館時間になってしまったので、足軽資料館の後は、ホテルへと帰りました。

金沢の歴史を満喫する1日でした♪


スポンサーサイト
ホームページも作っています。ウェディング・紅茶・旅行など掲載しています♪
よかったら、遊びに来てください\(^o^)/

【 2009/04/07 00:45 】

| 旅行 | コメント(5) | トラックバック(0) |


2009年03月27日
金沢旅行【金銀箔工芸 さくだ】
メイクに皆さんどのくらい時間をかけますか?
昨日、メイクにどのくらいかけるかという話になったんですが、
どうやら、アラフォーの方は、1時間かけるのが普通らしいんです。
でも、私は、かけて30分なんですよね。
私の周りの人に話しても、やっぱり1時間かける人っていなくて。
みなさんは、どうなんでしょうか?
なんて、疑問を投げかけてみました。



私、金沢旅行で金箔貼り体験をしてみました。

こういう体験はセンスが問われるので、極力やらないようにしているんです。

でも、アヒル村長さんはこういう体験は大好きで必ずやるんですよ。

だから、旅行のスケジュールにはしっかり組みこんでいたんです。

で、工房に行ってみて、金箔を見たら、金箔に魅せられちゃって、私もやっちゃいましたp(^o^)q


さて、今回訪問した工房は、『金銀箔工芸 さくだ』。

金銀箔工芸 さくだ

ここは、体験工房とお店が一緒になったところです。

訪ねてみると、工房はどうやらテレビ局の取材で皆さん忙しそうでした。

それもそのはずで、ミシュラン旅行ガイドに一つ星を獲得されたようなんです。

私ってベストセレクトですね♪

さて、いよいよ金箔貼り体験です。

皆さん、金箔の貼り方ってご存知ですか?

知らない方は、この記事で学んでください。

なんて、金箔の貼り方を知っても何の得にもならないですね(笑)


私は、六角形の小物入れに金箔を貼る体験にしました。

(他にも、箸や小さなラックなどもありましたよ。)

まず最初に、小物入れをどのようなデザインにするかデザイン画を作成します。

金箔貼り体験

このとき、金箔を貼る個所と貼らない個所を考えながらデザインしていきます。

どうですか?私のデザイン。意外とうまくないですか?

なんて、このウサギは、工房で用意してくださった型を写しただけなんですよ。

私が書いたのは、桜だけなんです。

しかも、このデザインは見本のマネなので、私のセンスは全く含まれていません(;´д`)ゞ


デザイン画が終わると、次はマスキングテープをカッティングボードの上に貼ります。

そして、その上にデザイン画を貼り、デザイン画に沿って、カッターでマスキングテープを切っていきます。

金箔貼り体験

金箔を貼る分は、マスキングテープをはがし取ります。

このとき、細かいデザインのところは、マスキングテープを慎重にはがさないといけません。

これが、結構大変でした。残す部分まではがしてしまわないかと。


残す側だけのマスキングテープになったら、このマスキングテープをはがして、小物入れに貼っていきます。

金箔貼り体験

マスキングテープの貼り方が甘いと、金箔の境目があいまいになりやすいそうです。

ですから、境目をしっかり貼り付けます。

そして、マスキングテープが貼れたら、液体のりをはけで全体に塗っていきます。

金箔って何で張っているのかと思ったら、液体のりだったんですね。


ここで、いよいよ金箔の登場です。

金箔貼り体験

金箔はとても繊細で、こするとすぐに剥がれてしまうので、押しつけるように貼っていきます。

それでも、金箔がうまく貼れないところは、何度も金箔を重ねて張り付けていきます。

特に、細かいデザインのところは、うまく貼りつけられなくて、何度も重ねて張り付けていきました。

金箔が貼れたら、マスキングテープをはがして、無駄な金箔部分は金箔剥がし用の液体をしみこませた綿棒で丁寧に取っていきます。


そして、出来たのがこちらです。

金箔貼り体験

どうでしょうか。

金箔を綺麗に貼るって、結構大変なんだってしっかり学びました( ..)φメモメモ

やっぱり、その匠の技ってすごいんですね。


体験が終わったら、金箔入りのお茶を出してくれました。

金箔入りのお茶

私ってば、金箔入りのお茶に感激しちゃいました。

さすがは金箔工房ですね。


そうですそうです。最初に話したテレビ局の取材。

私たちが、金箔を貼り終えた後、やってきたんです。

『あとどのくらい体験はかかりますか?』って。

まだ、体験の時間があったら、取材をしたいということだったみたいです。

でもね、ほぼ終わりだったところや私の顔を見せることは絶対できないので、取材はご遠慮させていただきました。


金箔貼り体験は、とても楽しかったですo(^-^ )o

皆さんも金沢に行ったら、ぜひ体験してみてください。


続きを読む
ホームページも作っています。ウェディング・紅茶・旅行など掲載しています♪
よかったら、遊びに来てください\(^o^)/

【 2009/03/27 22:23 】

| 旅行 | コメント(15) | トラックバック(0) |


2009年03月24日
金沢旅行【ひがし茶屋街~主計町】
WBC、日本優勝おめでとうございますo(^-^ )o
選手の方、お疲れ様でしたm(u_u)m
連覇ってすごいですよね。
いろいろなプレッシャーの中、勝ち取ったこの優勝って価値がありますよね。
しかも、宿敵韓国と5回も戦うって大変だったでしょうね。
敗者復活戦などを経験しながら、優勝を勝ち取ったこと、私も頑張らなければと勇気づけられました。



金沢旅行の2日目前半は、古い町並みを散策です♪

まず、最初に向かったのは、ひがし茶屋街

ひがし茶屋街

この雰囲気どうですか?

このレトロな感じが私は大好きなんですよね。

1820年に加賀藩が、この近辺に点在していたお茶屋を集めて整備しました。
1831年、一度は廃止されますが、 1867年、再び茶屋街として公認されました。
石畳の道の両側に紅殻格子のお茶屋が軒を連ね、藩政時代の情緒が色濃く残っています。

この界隈では、昔素敵な着物を着た芸子さんたちがたくさんいらしたんですね。

今よりずっと、華やかな町だったのだろうなって想像すると、ちょっとタイムスリップでもしてみたい感じです。


ひがし茶屋街の一角に、『志摩』という資料館があります。

志摩

ここは、現在も残されているお茶屋さん。

1820年、茶屋町創設当初に建てられた茶屋建築です。
『茶屋建築』は二階を客間(座敷)とするため、二階部分を高く作り、通りに面して高欄と張り出しの縁側を設けているのが特徴です。
全国的にも類例の少ない茶や建築であり、江戸時代後期における庶民文化の一端を知る上でも貴重な建築です。

当然のことながら、江戸時代のお茶屋さんなんて言われたら気になっちゃいますよね。

っていうか、今のお茶屋さんなんて入ったこともないので、お茶屋さん初体験ですよ。

ということで、お茶屋さんの中をちょっとだけお見せしちゃいます。

志摩 志摩

志摩 志摩

テレビで見て、想像していたよりお座敷が狭くて、びっくりでした。

お座敷は、お客様の過ごす間と芸を見せる間がきちんと分かれていて、本物だぁ~なんて思っちゃいました。

ここで出されていた食器でしょうか、食器も展示されてて、さすがは金箔の本場なだけあって、豪華な食器ですよね。

なんか、時が止まったようなこの空間にテンションも上がってしまいました。


ひがし茶屋街を後にして、時間に追われて必死に向かったのは、ここ。

金銀箔工芸 さくだ

ここは、金箔貼り体験のできる工房『金銀箔工芸 さくだ』。

芸術的才能がない私ですが、金箔という言葉に弱い私。

頑張って体験しちゃいましたp(^o^)q

その時の様子は、また後日ご紹介します♪


金箔貼り体験を終え、ランチに満足した私たちは、趣のある橋を目指します。

梅の橋

この橋は、『梅の橋』。

遠くから見ても趣がありませんか。

近くから見てもやっぱり素敵なんです。

梅の橋

これを見ていると、すべてが木造かなってワクワクしてきちゃいますよね。

梅の橋

やっぱり、違いましたね。

でも、最初に作られた時は、すべて木造だったかもって勝手に想像して、歩きました。

こういう太鼓橋を歩くのって、いいですよね。

こんな趣ある橋ってなかなか見ることも歩くこともできないし。

ちょっとだけタイムスリップって気分です。

浅野川大橋と天神橋の間にかかる歩行者専用の橋です。
ここに初めて橋がかけられたのは泉 鏡花が活躍していた頃という比較的新しい橋です。
江戸時代から第二次世界大戦前までは、この橋の南側の河原に芝居小屋や見世物小屋が立ち並んでいたそうです。
泉 鏡花の小説「義血侠血」は、このような小屋の水芸人滝の白糸をヒロインにした作品で、この橋の南端天神橋寄りに「滝の白糸碑」と滝の白糸の像があります。



梅の橋を通って、もうひとつ、昔ながらの町並みを見に行きます。

ひがし茶屋街も趣がありましたが、こちらも違った趣があります。

主計町

川沿いにある昔ながらの町並み。これもまたいいですよね。

ここは、『主計町』という料亭が立ち並ぶ街です。


ちなみに、主計って書いて、カズエって読むんですって。

読めました?私はお恥ずかしながら読めませんでした(;´д`)ゞ

そして、この主計は、加賀藩士・富田主計の屋敷があったことに由来ようです。

昔の人の名前は難しい・・・。


昔ながらの町並みの散策、いかがでしたか?

ノスタルジックな感じで私はすっかり気に入ってしまいました。

ホームページも作っています。ウェディング・紅茶・旅行など掲載しています♪
よかったら、遊びに来てください\(^o^)/

【 2009/03/24 23:00 】

| 旅行 | コメント(8) | トラックバック(0) |


2009年03月20日
金沢旅行【兼六園】
旅行でホテルに泊まったのですが、こんな取り組みがありました。
ホテルに置かれているアメニティグッズを使わず、森に緑を!という環境への取り組み。
私たち、この日に限って、歯ブラシを忘れて・・・。
でも、そのホテルに2泊したので、1泊分は緑への寄付ができました。
事前に知らせてくれたら、歯ブラシを忘れなかったのにって思ったのですが、
言われないとできない私ってダメじゃんと反省しました。
これからは、ホテルのアメニティーグッズは使わないように頑張ろうと思います♪



お腹も満たされたら、早速、観光です。

まず最初に行った場所は、兼六園近くにある『加賀友禅伝統産業会館』。

加賀友禅伝統産業会館

ここでは、加賀友禅が展示されていたり、即売コーナーがあります。

でも、ここに来たのは、加賀友禅を眺めるためじゃありません。

ここでは、有料で加賀友禅を着れるんです。

折角、加賀友禅のお膝元に来て着ない手はありませんよね。

ちょっと高いんですけどね、1時間か3時間、着物を着て観光ができるんです。

私は、3時間5000円のコースをチョイス。

これなら、兼六園を着物でゆっくり回れるでしょう。

着物も付け下げと小紋が何種類かあって、好きな着物を選べるんです。

で、私はこうなりました。

加賀友禅

私は、今っぽい顔じゃないので、着物の方が似合うんですよ。

これを着て、兼六園に行ってきます♪


兼六園』は、ミシュラン日本旅行ガイドで三ッ星を獲得したところとして、最近も話題になりました。

金沢の名所としてとても有名ですよね。

江戸時代、加賀藩の庭園として造られたことに端を発します。
1676年に五代藩主前田綱紀が『蓮池亭(れんちてい)』を造り、その庭を『蓮池庭(れんちてい)』と呼んだのが始まりとされています。
当時は、金沢城の外郭として城に属していました。

13代藩主前田斉泰は1837年霞ヶ池を掘り広げて増庭させ、現在のものにほぼ近い形にしたとされています。
『兼六園』の名称が定められたのもこの頃です。


兼六園に着くと、一番最初に目に飛び込んできたのは、徽軫灯籠と霞ヶ池

徽軫灯籠と霞ヶ池

あまりに有名な兼六園の光景ですよね。


そして、冬の風物詩として有名なのがこちら。

松の雪吊

冬の兼六園では、雪吊をして冬支度をすることでテレビでも話題ですよね。

まだ、雪が降ることもあるので、雪吊が残っていたんですね。

ちなみに、この2日後に雪が降ったので、まだまだ必要ですね。

そう、この画像の松は、唐崎松です。

この松は、13代藩主前田斉泰が琵琶湖の松の名所唐崎から種子を取り植えたものだそうです。

琵琶湖に行ったことがあるのですが、松の名所があるとは知りませんでした。

今度、行く機会があったら、見に行きたいです。


兼六園には、いろいろな素敵な場所があります。

画像で紹介します。

内橋亭雁行橋
内橋亭雁行橋
瓢池夕顔亭
瓢池夕顔亭
噴水明治記念之標
噴水明治記念之標


瓢池は、兼六園発祥の地です。

ここが一番最初に作られた庭なんですね。

発祥の地といわれるだけあって、素敵な庭園です。


私たちが行った時期は、ちょうど梅がきれいに咲いている時期でした。

梅林

梅林は、思ったより広くて、小川が流れていたりと趣のある梅林でした。

梅の花

梅もきれいに咲いていて、日の光を浴びて輝いていました。

毎年、梅を見に行きたいと思っていても、なかなか見に行けずにいましたが、思いもしないところで見れて、嬉しかったですo(^-^ )o


兼六園には、お抹茶がいただけるところがあります。

折角、こんな庭園に来て、折角、加賀友禅を着ているのだから、行かない手はないですよね。

時雨亭

ここがお抹茶を頂ける時雨亭

多くの方がここでお抹茶を頂きに来ていました。

お抹茶と上生菓子

この日のお抹茶と一緒に出されたのは、『春明』。

お抹茶は、とてもおいしかったです。

和菓子は、いつもおいしい和菓子を食べている私には・・・(;´д`)ゞ

でも、こんな雰囲気の中、お抹茶と上生菓子を頂けるなんて素敵ですよね。

庭園茶室
椿 



兼六園の一角に成巽閣があります。

ここは、13代藩主前田斉泰のお母様のご隠居所として建てられたものだそうです。

現在は、前田家ゆかりのものを展示されています。

私たちが行ったときは、前田家ゆかりのお雛様が展示されていました。

昔のお雛様って、とても顔が怖くて、ちょっとびっくりでした。

当時のお姫様は、お雛様が嫌いだったんじゃないかと思うほどなんです。

それ以外にも、当時のご隠居所を展示してありました。

一番驚いたのは、江戸時代のじゅうたん。しかも、前田家の家紋入りの。

これには、こんな昔からオーダーメイドのじゅうたんが日本にあったんですね。

さずがは、加賀百万石ですo(≧∇≦o)


この後、着物をお返しして、ホテルへと向かいました。

次の記事は、夕食です。

今までの私とはちょっと違うところに行ってます♪
ホームページも作っています。ウェディング・紅茶・旅行など掲載しています♪
よかったら、遊びに来てください\(^o^)/

【 2009/03/20 16:21 】

| 旅行 | コメント(10) | トラックバック(0) |


2008年12月26日
【TDL】 クリスマスイルミネーション

スタミナ漬け


とある日の夕食♪
これは、アヒル村長さんがインフルエンザから社会復帰する前夜、何が食べたいかと聞いたら、私の母の『スタミナ漬け』ということで、こんな夕食となったのです。
ニンニク醤油で漬けた野菜炒めのようなものなのですが、これがとってもおいしいんです。
アヒル村長さん、病み明けとは思えない食欲でした(笑)


クリスマスネタもちょっと不完全燃焼な感じがあります。

本当は、クリスマスディナーを家で作ろうと思ったのですが、とことん皆の予定が合わず、私のやる気だけが空回り(>_<)

そして、アヒル村長さんは、出稼ぎに行ってしまわれました・・・。


ということで、話は戻って、東京リゾートのクリスマスです。

今日から、『東京ディズニーランド』です。

東京ディズニーランド

エントランスを抜けると、ワールドバザールには大きなクリスマスツリーが。

東京ディズニーランド クリスマスツリー

このクリスマスツリーディズニーシーと同じ15m。

ディズニーシーディズニーランドの大きなクリスマスツリー、どちらもワクワクしてしまうクリスマスツリーですよね。

東京ディズニーランド 25周年

ディズニーランドの方は、『25周年』のオーナメントがありました。

クリスマスツリーを良く見ると・・・。

東京ディズニーランド クリスマスツリー

クリスマスプレゼントがたくさん。

小さい頃、クリスマスイヴには、リビングに両親の買ってくれたクリスマスプレゼントがこんなふうに置かれていました。

あのころは、クリスマスって純粋に楽しかったなぁ~って、とても懐かしい気持ちになりました♪


ワールドバザールには、ミッキーリースもありましたよ。

東京ディズニーランド ミッキーリース

可愛いリースですよねo(^-^ )o


ワールドバザールを抜けると、クリスマスデコレーションで、クリスマスムードたっぷりのディズニーランド

東京ディズニーランド クリスマスデコレーション

ディズニーシーよりディズニーランドの方がカラフルで、ワクワクしちゃう感じなんですよね。

このクリスマスデコレーションが、大人を子供のころに戻してしまうのかもしれませんね♪


この日は、前の日と違って、暖かかったので、とっても活動的だったのですo(^-^ )o

いろいろな乗り物に乗って、思いっきり楽しんでしまいました。

なので、夜まで気がつかなかったのですが・・・。

東京ディズニーランド

こんな素敵なデコレーションもあったんですね。

とても可愛いですよね。

やっぱり、ディズニーランドは、ワクワク感が違いますね♪
ホームページも作っています。ウェディング・紅茶・旅行など掲載しています♪
よかったら、遊びに来てください\(^o^)/

【 2008/12/26 23:55 】

| 旅行 | コメント(8) | トラックバック(0) |


| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。