FC2ブログ
2009年04月09日
いたる 香林坊店
昨日、花畑牧場カフェがOPENしたとか。
でも、私は田中義武さんのやり方がどうしても納得いかず、アンチ花畑牧場です。
生キャラメルは田中義武さんが発明したといわんばかりの発言を繰り返していて、ずっと気になっていたんです。
初めに、生キャラメルを販売したのは、ノースプレインファームです。
言葉は悪いですが、このやり方って、人の手柄を横取りするようで、なんか不愉快です。
もし、ノースプレインファームの生キャラメルが売れてなかったのなら、田中義武さんは功労者なのかもしれません。
でも、ノースプレインファームの生キャラメルが爆発的な人気になった後の販売だと、なんか納得いかないのです。



金沢旅行2日目の夕食は、1日目同様、居酒屋です♪

今度は、『いたる 香林坊店』に行ってきました。

ここは、金沢では人気のお店ということで、店内はとっても混んでいました。

噂では、混んでいてなかなかゆっくり出来ないと聞いていたのですが、そんなこともなく、皆さん賑やかに海の幸を堪能していました。

さてさて、皆さんお料理が気になりますよね?

ホタルイカの塩辛*ホタルイカの塩辛*
ホタルイカで一番おいしいのは、ホタルイカの塩辛だと思うんですよね。
ここのもとてもおいしかったですよ。
ホタルイカの塩辛って、関東の方ではなかなか見ないので、嬉しい一品です。

能登牡蠣の酒蒸し*能登牡蠣の酒蒸し*
牡蠣の酒蒸しって初めてだったんですけど、酒蒸しもいいものですね。
生臭さはほとんどなくて、酒蒸しのせいかあっさりしたお味でした。
もちろん、牡蠣のうまみはしっかり感じられましたよ。


鴨の治部煮*鴨の治部煮*
鴨の治部煮って郷土料理なんですって。
金沢は海の幸ってイメージがあったので意外でした。
見た目より味は薄かったのですが、しっかり味がしみていて、ご飯がほしい感じでした。



鰤大根*鰤大根*
北陸と言ったら、鰤ですよね。
そして、鰤と言ったら鰤大根。
家で食べる鰤大根とは違って、これがとってもおいしいんですよ。
鰤に脂がのっていて、大根もしっかり味が染みているし。
しかも、この鰤大根の鰤は兜と嬉しいじゃないですか。
これはたまらない一品でした。

加賀蓮根の天ぷら*加賀蓮根の天ぷら*
京都には京野菜があるように、金沢には加賀野菜があるんですって。
その一つが加賀蓮根。
海の幸だけでなく、これも食べておきたいところと、頼んでみると、びっくりなお味でした。
ほくほくで、甘みのあるレンコンで、お芋と間違えてしまうほど。
これは食べる価値がありますね。

卵焼き*卵焼き*
なぜ卵焼き?と言われそうですが、この日の朝、ホテルで食べた卵焼きにお酒が入っていたから。
金沢では、卵焼きにお酒を入れるのかなって思って、確認でした。
でも、この卵焼きは、いたって普通のプレーンな卵焼きでした。
出汁も砂糖も醤油も何も入っていませんでした。
卵焼きはふっくらして、とてもおいしかったですよ。


いたるは、とてもおいしかったです。

地元でも人気のお店とあって、味も確かだったし、出されているお料理も北陸の名産品を使われていて、とてもいいお店でした。

人気になるお店というのは、きちんと理由があるんだなって実感しました。


続きを読む
スポンサーサイト



ホームページも作っています。ウェディング・紅茶・旅行など掲載しています♪
よかったら、遊びに来てください\(^o^)/

【 2009/04/09 16:33 】

| レストラン | コメント(21) | トラックバック(0) |


2009年04月03日
くるゑンテ
少し前に、定額給付金のお知らせが来ました。
皆さん、何に使いますか?
我が家は、皆で食事に行こうって話が出てます。
家族皆の日程が合わず、なかなか一緒にご飯を食べに行くことがなくなったので、
これはいい機会かなって思ってます。
でも、行きたいお店がみんなバラバラでなかなか決まりません。
ちょっと皆の意見をまとめるのは大変です(;´д`)ゞ



私、高山に行ったとき、とてもおいしい飛騨牛のお店を発見しました。

このお店、高山に行ったら、ぜひまた行きたいと思うお店です。

そして、金沢でもそんなレストランを発見しました♪

ここのレストランはとても何もかもが素敵で今一番のお気に入りのレストランです。


さて、そのレストランのご紹介です。

そのレストランは、『くるゑンテ』というレストラン。

事前調査により、外観に魅かれて、ここにしました。

くるゑンテ

この昔ながらの建物っていいじゃないですか。

ということで、店内はさらに素敵だろうって期待しちゃって。

こういう建物をレストランにしようって考える方のお料理って、きっとかなりのこだわりがあるだろうなって思いません?

といういろいろな期待にこのレストランをセレクトしました。


いざ、レストランに入ってみると、白い壁に年代を感じさせる柱。

素敵なテーブルと椅子に、とても古そうな小物がセンス良く並べられていました。

こんな素敵な店内に感激でした。

そして、この素敵なレストランをしっかりレポするぞとやる気でいた私。

ですが、店員さんがお水を持ってきてくださったときに、『店内の撮影はご遠慮いただいております。』と・・・。

やっぱり、こんなにもいろいろなところにこだわっていたら、そんなふうに言われますよね。

ということで、皆さん、この記事は私の拙い文章だけで、進んでいくグルメレポです。

うまく伝えられないかと思いますが、よろしくお願いします(;´д`)ゞ


私たちが選んだコースは、前菜2品、お魚料理orお肉料理、パン、デザートです。

ここで残念なお話なのですが、最初の前菜が何だったか忘れてしまったのです。

もちろん、とてもおいしかった記憶はあるんですよ。

でも、お料理をすっかり忘れてしまったんです。すみません。


ということで、気を取り直して、前菜2品目

これがとても素敵なんです。

実は、あまりの素敵さに、前菜1品目を忘れてしまったんです。

前菜は、お肉のテリーヌに、ラタトゥユ、そして、あまりに美しく飾りつけられた、魚介のマリネ

お肉のテリーヌはクセもなく、ラタトゥユも優しい味でおいしかったのですが、それ以上に感動だったのが、魚介のマリネ

いえ、魚介のマリネというものなのかもわかりませんが。

ホタルイカホタテなど、海の幸が小さなグラスに入れられて、ポン酢のジュレキウイのソースなどで異なるソースがうまく折り重なっているんです。

決して、それぞれのソースが他のソースを邪魔することもなく、逆においしい前菜に驚きを隠せませんでした。

そして、バラなどで綺麗に飾られていて、なるで小さなブーケのようでした。


メイン料理は、私がお肉料理をセレクトしました。

お肉料理って言うと、何かのお肉を焼いて、そこにソースをかけてって言う想像ですよね。

でも、違うんですよ。メンチカツだったんです。

運ばれてきたとき、前菜の喜びがあったので、ちょっとがっくりしたんです。

メンチカツって庶民的な感じじゃないですか。

期待せずに、ナイフでメンチカツを切った瞬間、嬉しさで満面の笑みになってしまいました。

だって、レア状態で、かつ肉汁がお皿にジュワーっと広がっていくんです。

そして、口に入れると、レア状態のお肉であっさりしたおいしさ。

でも、ソースはトリュフソースでかなり濃厚で、このバランスが最高でした。

このソースは、フォアグラにもかかっていそうな濃いソースの味。

これが病みつきになるおいしさで、パンにつけてしっかりいただいちゃいました。


そして、アヒル村長さんが選んだのは、お魚料理

お魚料理は、白身魚と白身魚のムースの包み蒸し。

白身魚がふんわりしていることはもちろん、ソースと一緒に食べたら、口の中に春が来ました。

包み蒸しの中に、桜の葉が入っていて、ソースが甘酸っぱくて。

こんな春を感じられるお魚料理にアヒル村長さんが、『今まで、グルメ評論家の抽象的なコメントが理解できなかったけど、こんなお料理をたくさん食べてるから、ああいうコメントが出るんだね。』って。

私も、このお料理に感動しちゃいました。


そして、デザートは2つ。

ですが、ここでも申し訳ないのですが、ひとつしか覚えてなくて・・・。

ひとつは、ジンジャーアイス

これが病みつきになるおいしい味なんです。

適度な甘さのアイスに、ジンジャーの味が入ってきて、刺激的な味なんです。

デザートと一緒にコーヒーをいただいたのですが、これには素敵な演出があったんです。

コーヒーカップとソーサーの間に、バラの花びらがそっと置かれてたんです。

それも、コーヒーを飲んでいるときしか現れない演出。

これって、気付かない人は絶対気付かないですよ。

この演出に、心を奪われてしまったアヒル村長さん。

お料理の記憶は全くなくなってしまったようです。

それだけ素敵な演出だったですよね。

私もこの演出には、どこまでも素敵な演出をしてくださるシェフに惚れちゃいました。


こんな素敵なレストランで使われているお皿は、ノリタケ。

カトラリーは、クリストフルと嬉しいほどの様々なこだわりのあるお店でした。

ここは、お勧めのレストランですね。

ここのレストランを見つけられた私って、何か憑いてますね、グルメの神様とか(笑)


続きを読む
ホームページも作っています。ウェディング・紅茶・旅行など掲載しています♪
よかったら、遊びに来てください\(^o^)/

【 2009/04/03 20:50 】

| レストラン | コメント(2) | トラックバック(0) |


2009年03月23日
源左エ門
桜の開花が話題になってますね。
去年は、開花までの桜の様子を追いかけていたのですが、観察もせず。
飽きっぽいからかしら?
いえいえ、用事があって、出かけることが多くなってきて、観察していないんです。
気が付いたら、もう開花ってニュースが流れているじゃないですか?
近所の桜も咲いているかもと、心配です。
ちなみに、週末お花見の予定なので、満開だといいなぁ~♪



金沢旅行で、夕食はこのブログでは珍しいところに行ってみました。

それは、居酒屋ですo(^-^ )o

北陸は、居酒屋の方がおいしいものが食べられそうかなって思って。

で、1日目の夜は、木倉町の『源左エ門』というところに行ってみました。

木倉町は、金沢の中でも多くの居酒屋が存在するところだそうです。

木倉町

哀愁たっぷりのこの感じ、いいじゃないですか。

こういう雰囲気、私は結構というかかなり好きです。

ワクワクしちゃうんですよねo(^-^ )o


その中の一軒が『源左エ門』があります。

源左エ門

ここは、こじんまりとした居酒屋で、おしゃれっていうこともなく、サラリーマンの方が多いお店でした。

しっぽり飲むのも良いじゃありませんか。

と言いつつ、海の幸を頬張る気満々ですp(^o^)q


私はここで、寒ブリ解禁です。

お通し*お通し*
小魚の南蛮漬け。
ちょうどいい酸味で、小魚も骨まで軟らかくなっていておいしかったです。




寒ブリとガス海老*寒ブリとガス海老*
寒ブリは、脂がのっていておいしかったです。
でも、富山で食べた寒ブリの方がもっと美味しかったかな。
ガス海老って知ってますか?
甘エビよりあっさりしているんですけど、甘くておいしかったです。
私は、甘エビより好きです。

ホタルイカの朴葉味噌焼*ホタルイカの朴葉味噌焼*
ホタルイカの大好きな私、どんな食べ方をしようかと悩んだ挙句、朴葉味噌焼にしました。
朴葉味噌が食欲をそそりますよね。
朴葉味噌と一緒にホタルイカを焼いて食べると、ホタルイカのみそがより濃く感じられて、おいしかったです。

カニみそ*カニみそ*
カニは高くて頼めず、カニみそで我慢です。
それでも、カニみそだけでかなり満足でした。
やっぱり、カニの本場で食べるカニみそは違いますね。



どじょう唐揚げ*どじょう唐揚げ*
どじょうの唐揚げをなぜ頼もうと思ったのは謎です。
でも、朝の深川めしの影響でしょうか(;´д`)ゞ





今回は、居酒屋でのグルメレポでした。

こういうところが苦手な方、がっかりさせてすみませんm(u_u)m


続きを読む
ホームページも作っています。ウェディング・紅茶・旅行など掲載しています♪
よかったら、遊びに来てください\(^o^)/

【 2009/03/23 18:29 】

| レストラン | コメント(4) | トラックバック(0) |


2009年03月19日
近江町食堂
昨日、出かけて夜帰ってくると、玄関手前にひかれた砂利の部分が水浸しになっていました。
どこかから水があふれている様子もなくて、『えっ、嫌がらせ?』なんて思っちゃったりして。
だって、近所のスーパーで故意に水をまく悪質行為が多発してたから、そう思っちゃったのです。
両親が水漏れを疑い、個所を捜索して、水漏れの確認をして、水道局の方に来てもらいました。
でも、夜だったので、修理は翌朝ということに・・・。
とりあえず、水は使えるということでしたが、いつ大きな亀裂になるかと不安な一夜を過ごしました。
夜の水漏れって、かなり困りますね。



金沢に着いて、まずはランチです。

私たちが選んだのは、近江町市場にある『近江町食堂』。

近江町食堂

近江町市場のメイン通りから少し外れたところにあります。

近江町市場は、主に海鮮食品が売られていている市場です。

そんなところにあるお店なので、おいしそうじゃないですか。


私が食べたのは、三宝盛

ここのお店を選んだ時から、これを食べるって決めてたんです。

三宝盛
*三宝盛*

見てください、この豪華な丼o(≧∇≦o)

この三宝盛は、カニ・ウニ・いくら・甘エビ・マグロから好きなネタを3つ選べるんです。

で、私が選んだのは、ウニ・カニ・いくら

ウニは甘いし、カニもジューシー(?表現あってます?)だし、いくらに金箔乗ってるし。

しかも、そのネタもふんだんに乗っていて、嬉しい限り。

もう、たまらない丼です♪


アヒル村長さんは、三宝盛でないものがいいと言い出し、刺身定食をセレクト。

刺身定食
*刺身定食*

お刺身は、寒ブリをメインのお刺身でした。

寒ブリはやっぱり、名産だけあって、おいしかったようです。

寒ブリをずっと食べたかったアヒル村長さん。

願いがかなって、とても幸せそうでした。


ここのお店は、とても混んでいました。

人気のお店のようで、常連客の方もいらっしゃいました。

地元の方にも人気というのは、いいですよね。


続きを読む
ホームページも作っています。ウェディング・紅茶・旅行など掲載しています♪
よかったら、遊びに来てください\(^o^)/

【 2009/03/19 22:18 】

| レストラン | コメント(7) | トラックバック(0) |


2009年03月16日
駅弁
明日、復帰のため、上司と面談です。
上司と言っても、『女としてどうなの?』発言の上司ではなくて、部長です。
アヒル村長が部長と一度話しているのですが、ついに、私との面談まできました。
いろいろありましたが、部長からも温かい言葉をかけてもらえたので、少し気楽に臨めます。
とは言っても、ドキドキですけどね。



旅行記最初の記事です。

今回も何回かに分けて、記事が続くと思いますが、お付き合いください。

さて、旅行記ですが、タイトルに行先は書いていません。

だって、どこに行ったか、ずっと秘密にしていたので、目的地の記事を書くまで秘密にしていた方が皆さんにもワクワクしてもらえるかなって思って。

さて、いよいよ出発です♪


今回の出発は、東京駅から。

Maxとき

今回は、このMaxときに乗って、とある駅まで行きます♪

7年前にもこの新幹線に乗りました。なつかしぃ~。

ちなみに、Maxときは上越新幹線です。

さて、どこで乗り換えるんでしょうか。

とりあえず、東京駅を出発ですo(^-^ )o


東京駅を出発すると、まず、これです。

深川めし
*深川めし*

早速駅弁の訳は、東京駅が朝7時発だったので、とってもお腹が空いていたから。

でもね、一番食べたい駅弁は他にあったので、とりあえずひとつだけ買ってみました。

深川めしは、ご飯にだしが染みていて、めちゃくちゃおいしいんです。

上には、ふっくらしたお魚が乗っていて、これもおいしいんです。

このお魚が何だかわからないんですけど、甘辛いタレがお魚にあってて、本当においしかったです。

でも、深川めしで重要なドジョウは微妙でした。

おいしくないということではなくて、甘露煮だったので、ドジョウなのか、なんなのかわからなかったです。

とは言っても、この駅弁はオススメです♪


さて、上越新幹線に乗って、1時間。景色は一変します。

トンネルを抜けると、あたりは一面雪景色。

真っ白な世界に心を奪われてしまいます。

そう、私は7年前もこの美しい景色に心を奪われたのです。

だから、この上越新幹線を選んだのです。


そして、乗り換えの駅に到着。

越後湯沢駅

ここは、越後湯沢

雪がちらほら。

実は、ここでの乗り換え時間はわずか9分。

そして、この駅で駅弁も買わないといけないので、大忙しです(;´д`)ゞ

駅弁を売っている場所に少し迷い、ドキドキしてしまいました。

でも、どうにか間に合いました。


さて、私たちが乗ったのは、特急はくたか

この電車で、目的地まで向かいます♪

越後湯沢で買った駅弁は、これです。

いくらたらこめし
*いくらたらこめし*

この駅弁、期待が大きかっただけに、残念でした。

でもね、たらこはめちゃくちゃおいしかったです。

っていうか、いくらはいらないから、たらこをたくさん乗せてくださいって思っちゃいましたo(^-^ )o


そして、もうひとつ。

かにずし
*かにずし*

これは、おいしかったですよ。

期待通りで、かにもおいしいし、酢飯がほんのり酢が利いた感じだったので、ご飯もおいしいんです。

かにとの相性もばっちりでした。

かにも結構入っていて、満足のお弁当でした♪


特急はくたかに乗って、2時間半。

目的地に着きました。

金沢

ここは、金沢です。

寒ブリで一番有名なのは富山ですが、金沢でも食べれますo(^-^ )o

いろいろ楽しみいっぱいで、駅を降りたときは期待でいっぱい。

ここから、食と名所巡りの旅が始まります♪


旅行記を少しずつ書いていきますので、お付き合いくださいねm(u_u)m

ホームページも作っています。ウェディング・紅茶・旅行など掲載しています♪
よかったら、遊びに来てください\(^o^)/

【 2009/03/16 23:59 】

| おいしいもの | コメント(5) | トラックバック(0) |


| ホーム | 次ページ